脱毛

Tバックをはくならムダ毛のお手入れが欠かせません

2014.08.23

ビキニなど露出の多い水着を着たり、Tバックなど肌が多く見える下着をつけた時には、ムダ毛をしっかりと処理しておかなければなりません。この場合、前の部分だけでなく、後ろの部分も多く肌が見えます。おしりの部分というのは、自分で見ることが難しく、自分できれいにムダ毛を処理するのは大変です。

また、毛がなければよいというものでもなく、肌がきれいな状態でなければせっかくセクシーな下着を着ても美しくありません。ですから、脱毛と同時に肌の手入れも欠かせません。クリニックやエステサロンでの脱毛では、肌への影響を最小限に抑えつつ脱毛を行います。デリケートゾーンは、水着を着た時などに見える脚のつけ根の部分のVライン、脚の間の部分のIライン、肛門周辺のOラインに区分され、脱毛を行います。Tバックを着用するならば全部の部位を脱毛することになります。特に、Oラインを脱毛することによって、つるつるの美しいヒップを強調することができます。

参考URL:Tバックを美しく履くための脱毛講座【Tバック乙女】

汚いデリケートゾーンになる原因とその改善法について

デリケートゾーンが汚い状態になるには様々な原因が考えられます。一つは下着の締めつけによる擦れです。この部分は、少しの刺激で色素沈着が起こりやすいため、皮膚の色が黒ずんで汚くなってしまうのです。また、生理中のナプキンによるかぶれで炎症を起こしてしまい、皮膚が荒れるという場合もあります。その他、入浴をせずに体を不潔な状態にしてしまうのもかぶれの原因となります。また、自己処理でムダ毛の処理を行うことも肌にダメージを与えてしまいます。

汚いデリケートゾーンを改善するためには、エステサロンできちんとした脱毛処理を行ってもらうことが必要となります。サロンによっては、既に黒ずんだ肌を白く整える美白メニューの取り扱いを行っている所もあります。また、普段の生活においては、肌に負担がかからないようにできるだけ清潔に保つことが大事です。トイレではできるだけトイレットペーパーを使わずに温水洗浄を心がけるだけで肌の黒ずみを予防することができます。

ノースリーブになる前に脱毛を

2014.04.02

多くの女性は、脱毛に関して興味関心があるのではないでしょうか。また、すでに多くの女性は脱毛を経験しているでしょう。冬場は厚着をすることが多いため、なかなかムダ毛を気にすることも少ないのですが、夏場は薄着になったり肩を出すノースリーブのような服装や短めのパンツなどを履く機会も多いでしょう。そのようなときにムダ毛があるととても気になってしまうのです。他人の目を気にしながらでは、なかなかおしゃれにも気合が入らずに思っているようなファッションもできないことが多いのではないでしょうか。一度脱毛してしまえば、もうムダ毛を気にする必要もなくなるので一度検討してみてはいかがでしょうか。自分に自信を持てるようになれば、おしゃれもどんどん楽しくなっていくのではないでしょうか。ノースリーブになったとき気になるのは、両ワキのムダ毛です。多くの場合、両ワキの脱毛を考えるケースが多いのではないでしょうか。自分に自信をもてるきっかけになればいいのではないでしょうか。

ワキの医療レーザー脱毛

2014.03.02

人間には必ず体毛があるものですから、本来から男性よりも体毛の薄い傾向のある女性でも、たとえば腕に毛が生えていることは、あまり問題になることはありません。それは、腕に毛が生えていることは、女性であっても、それほど珍しいことでもありませんし、腕の毛というのは、それほど太くて濃い毛ではないことが、一般的だからです。しかし、ワキの毛というのは、男性はもちろん濃くて太い毛が生えていますが、ここに関しては、女性も濃くて太い毛が、男性同様に生えてくる場所なのです。

このため、女性はワキの濃くて太い毛を恥ずかしく考えたり、美容上よくない存在として捉える人が多いので、脱毛を行う人が多いのです。そこで、最近とても注目を浴びているのが、美容外科などでよく行われるようになった、医療レーザー脱毛という方法です。以前までも医療脱毛は存在したのですが、痛みを伴ったりすることもありました。しかし、技術的な発達もありまして、ほとんど痛みを伴わずに、なおかつ高い脱毛効果が医療レーザー脱毛にはあるので、人気になっているのです。

ワックス脱毛について

2014.02.02

ワックス脱毛というものがあります。このワックス脱毛はレーザー脱毛や脱毛クリームを塗って脱毛するのではなく、ムダ毛が気になる部分に専用のワックスを塗って、毛とワックスがくっついたらそれを引き剥がすことで脱毛を行います。 似たようなものとしてはテープ脱毛がありますが、テープ脱毛よりも以下のような優れたメリットがこのワックス脱毛にはあります。 一つは脱毛後の仕上がりが綺麗ということです。毛と一緒にお肌の古い角質も除去することが可能ですので、ワックスをはいだ後の仕上がりがとても綺麗というメリットがあります。 もう一つのメリットは短時間でそれが完了するということです。レーザー脱毛などの場合はレーザーの照射範囲の問題で時間がかかる場合がありますが、ワックス脱毛はワックスを塗って剥がすだけですのですぐに終わります。また、個人差はありますがそれを繰り返すと、生えてくる毛が細くなるといった効果もあります。 このようにワックス脱毛はレーザー脱毛やテープ式の脱毛にはない良いメリットがありますので、ムダ毛に困っているという方はこちらの方法も一度検討してみると良いでしょう。

女性のひげ脱毛について

2014.01.02

女性の殆んどの人が、鼻の下や顎周りにウブ毛程度の薄い毛が生えていると思います。
剃刀などで自己処理をしている方が多いと思いますが、剃る事によってどんどん毛が濃くなってきてしまいます。また生理中などは肌が敏感になっている為、剃刀負けをしてしまったりと肌にも良くありません。最近の脱毛サロンは全身を脱毛する事が出来ます。

勿論、鼻の下や顎周りの脱毛も出来ます。顔に脱毛の光を当てるのは不安だと思いますが、顔用の光に調節してくれるので安全です。また、光が目に直接入らないように、ゴーグルやタオルなどで目を覆ってくれます。鼻の下、顎周りの毛は比較的に毛が薄いので、効果が中々感じられない人もいると思いますが、脱毛する事によって今よりは確実に薄くなるので、日頃の処理が楽になります。また、ひげ周りは範囲が狭いため、価格を安くしてる店舗が殆んどです。個人差はありますが痛みも少ないです。誰でも気軽に出来るので、とてもお勧めです。

意外と見られている乳輪の脱毛

2013.12.02

バストは女性の体の中でも特に美しく、神秘性を秘めた部分です。
美しいバストは男性のみならず女性にとってもあこがれの存在です。そんなバストにもムダ毛が生えることがあります。乳房にはそれほど太い毛が生えることは少ないのですが、乳輪の周囲には太い毛が生えることがあります。もともと体毛の濃い人やホルモンバランスの変化など原因はいくつかありますが、お風呂に入るときなど目につきやすい場所ですので処理が欠かせません。

特に、恋人とお泊りをしたり、温泉旅行に行くときなどは念入りに処理をしておきたいものです。乳輪のムダ毛の処理を行う場合、乳首などの周辺の部分に傷がつかないよう注意して行いましょう。また、エステで脱毛を受けるのもおすすめです。エステで脱毛を繰り返すことで、毛が細く薄く目立たなくなってきます。個人差はありますが、最終的には産毛レベルまで細くなりますので、処理の必要が無くなったり、処理をするにしても楽になります。ムダ毛に悩んでいる人は一度カウンセリングで相談をしてみましょう。

体毛は現代人には不要なものです

2013.11.02

私たち人間が大昔裸で暮らしていた頃は体に生えている毛というのはとても大事なものでした。体に生えている毛のおかげで体温を調節できていたのです。しかし今では裸で暮らしている人間はいませんから、体毛の存在価値はなくなってしまったと言えます。むしろ今ではその存在を毛嫌いしている人が多いようです。
体毛というのは生えているだけで汚く見えてしまうものです。どんなに肌が白くスベスベしていたとしても、体毛があるおかげでその美しさが目立たなくなってしまうのです。ですから最近では脱毛する人が増えているのです。脱毛にはいろいろな方法があります。ですが脱毛は上手くしないと肌を傷めてしまう恐れがあるので、慎重にする必要があります。もし自分で脱毛する自信がないのなら、エステなどで脱毛してもらうのが無難です。脱毛すると肌のキメが目立つことになりますので、しっかりとスキンケアを施す必要があります。お肌がきれいだからこそ脱毛する意味があるのです。

男女共通の敵、ムダ毛の原因、男性ホルモン

2013.10.02

昔は男性の男らしさの象徴とも言われた胸毛や、すね毛などのムダ毛。今は、爽やかアイドルの隆盛の影響もあってか気持ち悪い、不潔そうと大変、評判が悪いです。女性にだって男性ほどではないにしても、ムダ毛があり、それに悩む女性は少なくありません。毛は身体を守るために生えてくるといいますが、ムダ毛は、まさに無駄に守っているようです。そもそも毛には男性毛、両生毛、無性毛に分けられ、髪の毛や眉毛は無性毛でホルモンには関係ありません。ヒゲや陰部の毛は性毛で、男性ホルモンの影響を強く受けます。腕や足の毛は無性毛ですが、男性ホルモンの影響で人によって濃さは変わります。先に書いた胸毛や俗称ギャランドゥと言われるヘソ周りの毛などは男性毛で当然男性ホルモンが多いと量が増えます。男性ホルモンの過剰な分泌は食事の欧米化も理由の一つです。牛肉の赤身は男性ホルモンを増やすのです。最近、肉食系女子が増えてきたので、肌の露出が多い、夏など人知れずムダ毛に悩む乙女も増えているかも知れません。

脱毛するとワキガになるという噂

2013.09.23

「脱毛をするとワキガになる」そんな噂を聞いたことがある人もいるでしょう。
ただ、この情報は正しくありません。むしろ逆です。脱毛をすることで、ワキガが改善されることがあります。そもそも臭いは、アポクリン汗腺から出る汗が脇の下に溜まることで腐敗して臭いに繋がります。そこに、わき毛があると汗が絡みやすく、雑菌も増殖しやすくなってしまうのです。つまり脇の下を清潔に保つことで臭いを改善できるので、脱毛が直接的な原因となってワキガになるというようなことはありえません。ただ、レーザーなどでアポクリン汗腺を刺激して活発化させると、臭いに繋がる可能性や、治療したワキガが再発する可能性はあります。今までなんともなかったのに脱毛により臭いが気になるようになったという人は、毛穴に溜まった皮脂が酸化したり、もしくは汗腺が活発化して汗の量が増えたからなどという理由があります。ワキガは、遺伝もしくは食生活による体質なので、脱毛で後天的になるようなものじゃありません。

ムダ毛を薄くする方法

2013.09.23

男女問わず、誰しもが気になるのがムダ毛の処理についてです。特に、夏ともなれば薄着になる機会が増えますから、ますます気になってしまいます。このムダ毛は手っ取り早く処理をしてしまうことをおすすめします。そうすれば、人の目も気にならなくなりますし、なにより思いっきり夏を楽しむことができます。ここではムダ毛を薄くする方法をご紹介します。ムダ毛は完全になくしてしまうことはなかなか難しいのです。ですから、少しでも薄く見せる方法を用いることの方が現実的です。では、その方法はどういったものがあるでしょうか。まず、自分で処理する方法です。自分で処理をする方法の利点は、自分の空いた時間で自宅で行うことができるという点です。これならば、忙しい人でも処理を施すことができます。この方法の代表的なものが、脱色ムースを使う方法です。脱色ムースを使うことで毛の色を脱色し、ムダ毛を薄く見せることができます。もちろん、脱色ムースを使ってはいけない箇所もあるので注意が必要となります。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ